相続手続きの中には時効もあります

相続手続きの中には何もせずに放っておくと一定の期間経過後には自分の権利が失われてしまうものがあります。

時効とは一定の期間が過ぎてしまった時に自分の権利を失うこと、自分の主張が認められなくな
ることをいいます。相続においても、発生後に何もしなければ時効になる可能性があることがあります。

“相続手続きの中には時効もあります”の詳細は »

そのデザインにうっとりすることもあるのです

発行される市区町村によって戸籍の台紙のデザインは実に様々です。

この仕事に就いて楽しいな、面白いなということはたくさんあるのですが、
その中でも戸籍を見ながら思わず感心してしまう事があります。
“そのデザインにうっとりすることもあるのです”の詳細は »

相続にはいくつかのケースがあります

相続手続きがそのままになっていると新たな相続が発生してしまうこともあります。

相続は被相続人が亡くなった時から始まります。
いざ相続の登記をする、という時になって複数の相続の関係が発覚
することがあります。
“相続にはいくつかのケースがあります”の詳細は »

遺言書の内容はいつでも変更ができます

作った遺言書は後からでも書き換えや訂正をすることができます。

残された人たちのために一生懸命に作成した遺言も、考えが変わったり
相続させたい人のほうが先に亡くなってしまったり、後から変更が必要
になるケースがあります。
このような場合、取り消したり新しく作ることはできるのでしょうか?

“遺言書の内容はいつでも変更ができます”の詳細は »

負担付贈与とはこういうことですよ

被相続人が死んでしまうことで、他に身寄りのない幼い子供が路頭に迷ってしまうような場合に有効です

負贈与する代わりの代償として、受贈者に何かしらの義務を負担してもらおうという契約をいいます。

「これをあげるから、かわりにこれをやって」というものです。負担付贈与を受けた者は、贈与を受けた財産の価額から、負担すべき債務の金額を差引いた額の贈与があったものとして、その金額を基に贈与税額を算出します。数式で表すと以下のとおりです。

{(贈与を受けた財産 - 負担すべき債務額)- 110万円(基礎控除)}× 贈与税率 = 贈与税

死因贈与契約公正証書に定める内容
“負担付贈与とはこういうことですよ”の詳細は »

相続の贈与税の配偶者控除

贈与加算の対象となった部分の贈与税額は、相続税額から控除することが可能とされています。

贈与税の配偶者控除のこと。
贈与税の配偶者控除を受けた贈与については、3年以内の贈与加算の対象外とされています。
“相続の贈与税の配偶者控除”の詳細は »

相続で課税される財産の範囲

生命保険契約で、被相続人が保険料を負担した部分の金額がみなし相続財産となります。

無制限納税義務者か制限納税義務者かによって、課税される財産の範囲が違ってきます。居住無制限納税義務者・・・取得したすべての財産非居住無制限納税義務者・・・取得したすべての財産制限納税義務者・・・日本国内の財産
“相続で課税される財産の範囲”の詳細は »

特定同族会社の事業に用いる宅地等とは

相続では期限まで引き続きその法人の事業の用に供されているものを特定同族会社事業用宅地等といいます。

相続開始の直前に被相続人、及び被相続人の親族その他被相続人と特別の関係がある者が有する株式の総数又は出資の総額がその株式又は出資に係る法人の発行済株式の総数又は出資の総額の50%を超える法人の事業の用に供されていた宅地等です。
“特定同族会社の事業に用いる宅地等とは”の詳細は »